トルコ投資、円高はどこまで続く?

admin, 27 12月 2015, No comments
Categories: トルコリラ

FXに関心を持つ人たちの間では、トルコの高金利は有名です。ゆえに多くの個人投資家が、スワップポイントの高さに惹かれ、トルコリラを買いに出ているのですが、もうひとつ注目したいのが、為替レートです。

トルコにおいては、リーマンショックの以前までは、1トルコリラあたり、100円といった水準だったこともあります。が、リーマンショック以後、現在においては、1トルコリラあたり、40円前後の水準まで下降しています。つまり、2008年以降、かなりの期間、継続して円高傾向が続いているのです。海外旅行に行く場合は別として…、投資としては、この円高傾向の底が、どの辺りにあるのか、見極めることが必要かもしれません。いったん40円台を割り込み、30円台に突入したこともあるトルコリラでしたが、2015年10月現在では、41円台を回復し、ジワジワと上昇傾向を見せている最中です。

西欧、中東の関連国との関係、国内での政治不安、混迷、新興国としての経済成長の鈍化などなど。まだ予断を許さない動きを見せそうですが、多くの専門家の間では、向こう1年ほどは、39円を下値、50円ほどを上限に、やや流動的な上下動を見せるのではないかとされています。レートの背景にある事情を鑑み、中長期の視点から対処していきましょう。

スワップポイントか、配当か

admin, 18 12月 2015, No comments
Categories: トルコリラ

株式の投資を行っている人のなかには、売買の差益だけではなく、配当金や株主優待券で、定期的に、コツコツと運用を成功させている方もいらっしゃるようです。株によっては、配当が大きくなるものもありますので、確かに、安定した利殖という意味では、よい戦略のように思えます。

しかし、安定した利殖…といって、もう1つ考えられるのは、実はFXを使ったスワップポイントの獲得なのです。これは、とても魅力的です。スワップポイントは、2国間にある金利の差でもって発生するものです。金利の低い日本円を売り、逆に金利の高い新興国の通貨を買い求めることで、その金利差が、毎日、毎日の差益となり、あたかも利息収入のような感じで、少しづつですが、貯まっていきます。

配当金収入の場合、その権利確定日に株券を持っていなければなりませんし、配当の利回りを考えても、せいぜい1−2%に留まります。スワップポイントを狙う場合は、いつ売り買いをしても、差益を出すことは可能ですし、レバレッジを利用することで、利回りはグッと大きなものになり得ます。

FXなんて、ちょっと…。と最初から敬遠せず、配当金収入に加え、新たな資産運用の選択肢として、検討されてみてはいかがでしょうか。

トルコリラの相場はどうなってる?

admin, 24 11月 2015, No comments
Categories: トルコリラ

日本のみならず、世界各国の投資家から、熱い注目を集めているのが、トルコ共和国のトルコリラです。トルコリラは、もともとリーマンショック以前は、1トルコリラあたりで、日本円にして100円前後という水準で推移していました。しかし、リーマンショック以後、グッと円高が進みましたので、いまは、1トルコリラあたり、40円前後が、おおよその相場となっているようです。

外為取引においては、現在のトルコリラの相場が、どういう水準にあるのか。底値なのか、まだ下降するのか…を見極めることが必要になります。多くの専門家の声を拾うと、2015年にいったん39円という水準を記録した以後は、40円台に落ち着いており、今後も50−40円の水域に留まる公算が高いと見られています。

投資にあたっては、新興国の流動性ゆえに、魅力的な部分もありますが、その流動性が、中長期の戦略を難しくし、リスクを孕んでいることも同時に考慮せざるを得ないでしょう。

流動性をもたらす要因としては、トルコ経済そのものが、やや低調になってきたということに加え、主に中東との関係において
政治的、宗教上の不安要素が、拭い去れないという点にあります。ドイツをはじめ、欧州各国(EU)との関係も、今後どうなっていくのか注目されます。

FXで経済通にもなれる!?

admin, 10 11月 2015, No comments
Categories: トルコリラ

FX(外国為替証拠金取引)と言えば、何を思い浮かべるでしょうか?差益を巡って、1日中、パソコンに貼り付いては、ワンクリックに賭ける!!と言って、ギャンブルみたいなものだと思われている方もいるかもしれません。

いやいや、しかし…。そんなことはありません。外国為替や経済のことを勉強するにも、FXは、より真剣な取引の場とも言えます。要するに、きちんと外国の事情や、経済が回る…ということを意識しながら、FXの取引に望んだ方が、より、自分の取引に確信を持てるのです。資産運用にもなり、経済の勉強にもなるとすれば、そこは一石二鳥です。

ずっと以前に榊原英資『為替がわかれば世界がわかる』という本が売れていましたが、確かに、FXを通すと、経済の回り方への注目度が、自然と高まるのです。欧州や米国で起きている金利政策の背景には、どんな要因があるのか?FRBって、よく出てくるけど、どういう意味?天然資源って、こんなにも大きな影響を経済に及ぼしているのか!!

などといったことは、通常、自分のオフィスに座って仕事をしているだけでは、まして「よくわかる〜○○世界経済」などの本を読んだだけでは、ピンと来ません。ぜひ取引の成功率、確信を高める意味でも、経済通であり、かつFXのプロとして、勉強に勤しみましょう。

FXはもはや売買手数料なし!?

admin, 01 11月 2015, No comments
Categories: トルコリラ

皆さんは、資産運用を何で持って行いますか?株式でしょうか、債券でしょうか。
こちら
株式の売買をされる方なら、気になっていたと思うのですが。頻繁に売買を行おうにも、イチイチ手数料がかかってしまって、少額と言っても、なんか気になってしまって…、ということがあります。

しかし、FXの場合、いまや売買手数料、あるいは口座の維持費も含めて、無料と言うところが少なくありません。どこの会社を選んでも、たいていは、そうなっているはずです。(ある一定の取引についてのみ、手数料が課せられるケースが多いようです)もちろん、中長期のポディション維持、運用というのもあります。でも、リアルタイムのチャート分析を眺めながら、短期でトレードを繰り返すには、この手数料が大きな要素にならざるを得ませんから当然です。

そうなってくると、逆に、FXをはじめるにあたって、どこを選べばいいのか?と分かり難くなってしまうかもしれません。会社によって違ってくる部分は、通貨ペアの種類、スプレッド、スワップポイントの設定、使えるトレードツールが、どれほどのものか…などになってきます。面白いのは会社によって、新規口座の開設者へ向けて、図書券や、FXの関連本をプレゼントしていたり、キャッシュバックのキャンペーンを行っていることです。

もちろん、確固たる目的(こういう取引がしたい)というのがあれば、それに応じた会社を選べますが、まず入口としては、キャンペーンの内容から入ってみるのも、悪くないと思います。

rss

Categories

Links